始める前に知っておきたい、信用取引のポイント

『信用取引』という言葉の意味とそのメリットとは

まずは、株式取引における『信用取引』という言葉の意味をキチンと理解しておくことが重要になります。
信用取引とは、「自分が現在所有している資金や株式を担保に、自分を信用してもらい、所有している資金以上の株式投資を行う」ことを指します。
この取引の最大のメリットは、「最大で3倍の額の取引が可能となる」ことにあります。ゆえに、うまく取引を行うことによって利益も最大で3倍まで上げることができるのです。このことを投資の世界では『レバレッジ効果』と呼びます。
次に「空売り(信用売り)」が可能になることです。通常の株式取引は、安いときに買い、高いときに売ることでその差額を利益としますが、この「空売り」は全く逆で株価が下がることで利益が出る仕組みとなっているのです。

信用取引を行うにあたり、必ず知っておかねばいけない2つのこと

次に、絶対に知っておかねばならない『信用取引』のルールについて紹介します。
まず、ほとんどの信用取引は「半年以内に清算しなければならない」という点です。信用取引とは、利益を大きく上げるために非常に便利なものではありますが、あくまで借金をしているということを忘れてはいけません。
『無期限信用取引』という返済期限なしの信用取引もありますが、どちらも『借金は借金』であり、お金を借りている以上、日々利息は発生しますので、その点には十分に注意しておくことが必要になってきます。
次に、「追い証」が発生する場合があるという点です。これは文字通り、「追加で保証金などの担保が必要になる」ということです。株価が下がったことによって大きな損失を抱え、所有資金では足らなくなった場合に備え、このシステムが存在します。

『信用取引』とは、非常に便利なシステムですが、その意味とリスクをしっかりと理解した上で使うことを検討してみてください。

株の信用取引とは、現在自分の所有している資金・株を担保にして証券会社からお金を借り、持っている資金以上の取引をすることです。

© Copyright Utilities Companies. All Rights Reserved.