信用取引を始めよう!

信用取引の概要と特徴を知ろう

証券会社に30万円以上の現金か、それに相当する有価証券を担保として預けることでレバレッジを効かせられる取引手法のことを、信用取引と呼びます。要するに証券会社から借金することで可能な取引であり、クレジットカードを作る時のような審査にパスする必要があります。
信用取引においては、基本的に預けたお金の約3倍までの取引が可能。たとえば100万円を証券会社に預けた場合、約300万円の取引ができます。
信用取引のもうひとつの特徴は信用売りが可能なことです。信用売りは業界用語で空売りとも呼ばれています。空売りとは証券会社から借りた株を現在の価格で売り、後から買い戻す取引のことで、買い戻し時の価格が買ったときよりも安ければ差益が発生します。つまり下落局面においても利益が出るというわけです。
信用取引と聞くと、ハイリスクハイリターンな賭博に近い取引だと誤解している人が多いですが、どのような相場にも対応出来る優れた取引手法です。使いこなすことにより、現物取引をしている人よりも高い勝率を見込めるでしょう。

信用取引の利点と注意点を把握しよう

信用取引の利点は、現物取引よりも効率良く資産を増やせることです。当然リスクは高まりますが、誰でも勝てる鉄板相場において大きな威力を発揮します。
もうひとつの利点は低調な相場においても利益を狙えることです。たとえば50万円の株を証券会社から借りて売却し、後に30万円で買い戻せば20万円の利益が発生します。
現金だけでなく保有株式も担保として利用出来ることも、信用取引ならではの利点といえます。たとえば大きく株価が下がってしまい売るに売れなくなった塩漬け株を担保とすることで、逆にチャンスが広がるというわけです。
信用取引時における注意点はふたつ。ひとつは追証と呼ばれる追加証拠金の存在です。相場の急落などが理由で、担保の価値が保証金に求められる下限を割ってしまった際は、期限内に必要な額のお金を口座に投入する必要があります。間に合わなかった場合は強制決済されてしまいます。
もうひとつの注意点は金利です。証券会社から借りている株には日割りで金利が掛かります。長く所持していると馬鹿にならない金額となるので気を付けましょう。

信用取引とは、自分の資金を担保にして株式投資を行うことです。自分の持っている資金以上の取引ができるところが大きなメリットです。

© Copyright Utilities Companies. All Rights Reserved.