信用取引って何だろう?

信用取引の基本的な仕組みを理解しよう

信用取引とは、証券会社に保証金を担保として預けることで可能な取引のことです。日本における保証金の最低額は30万円。証券会社から現金や株式を借りることになるため、誰でも口座を作れるというわけではありません。銀行からお金を借りるときのように審査をパスする必要があります。
信用取引の仕組みは、現金取引と比較することにより簡単に理解出来ます。現金取引においては買って売ることしか出来ませんが、信用取引においては売って買い戻す取引が出来ます。この手法は空売りとも呼ばれており、買い戻し時に相場が下落していれば差益を得られます。
現金取引において可能な取引額は、手持ち資金の範囲に限られます。ですが信用取引においては、担保として預けているお金の3倍まで可能です。たとえば50万円を預けていれば150万円の株式が購入出来てしまいます。もちろんリスクは高まりますが、投資効率も同様に高まりますから、相場のトレンドに上手く乗ることで現金取引とは比較にならない大きな利益を狙えます。

大きく3つ存在する信用取引のメリット

信用取引は、現金取引にはない3つのメリットがあります。
ひとつは少額でも大きな取引が実現出来ることです。投資タイミングを逃す頻度が減り、殆どの相場トレンドに乗ることができます。
もうひとつのメリットは、下落局面においても相場から離脱せずに済むという点です。現金取引は安く買って高く売ること以外に利益を出すことは出来ません。ですが信用取引においては高く売って安く買い戻すことで利益を生み出せます。単純計算で現金取引オンリーのトレーダーより2倍の速さで経験を積めます。
現物買いに信用売りを被せる、所謂つなぎ売りが可能なことも信用取引ならではのメリット。たとえば株式優待権利確定日につなぎ売りを行うといったテクニックは有名です。このようなことは当然現金取引では不可能です。
信用取引はリスク管理を誤ると大きな損失を出す可能性はありますが、そのリスクを補って余りあるメリットが魅力です。信用取引を使いこなし相場の達人を目指しましょう。

信用取引の手数料は、証券会社によってかなり異なるのが実状です。会社によっては一律100円程度で済ませられる場合も。ただし手数料が安い会社は、埋め合わせとして金利が高い場合があるので要注意です。

© Copyright Utilities Companies. All Rights Reserved.