誰でも分かる!信用取引の魅力

まずは信用取引の概要を理解しよう

口座を開設した証券会社に、30万円以上の現金を預け入れることで可能となるのが信用取引です。
日本において信用取引可能な取引市場は、東証1&2部やマザーズなど多岐に渡り、99%以上の株式が対象となっています。
信用取引における手数料体系は、証券会社によって異なりますが、健全な競争が進んだ現在においてさほど大きな差異はなくなりました。20万円以下であれば無料~100円程度、100万円以上で1000円前後が相場です。殆どの証券会社は手数料ではなく、金利を収入の柱としているため総じて低水準です。
信用取引をする上で知っておくべきルールは2点。ひとつは保有期限が180日と限られているという点です。現物取引のように何年も所有することが出来ません。
もうひとつは日割りで金利が発生するという点です。年利換算で5%程度ですが、株式の額面によっては無視出来ない金額となるため要注意です。

信用取引ならではの魅力とは

梃子の原理を意味するレバレッジを約3倍まで効かせられることが信用取引における最大の魅力です。相場において、これは鉄板だと確信出来る局面が必ずあるものです。そんなときに最大限レバレッジを効かせることで、利益を最大化出来ます。
購入時より大きく値下がりしてしまい、売りづらくなった塩漬け株を有効活用出来ることも信用取引特有の魅力。塩漬け株を担保にすることで資金効率は飛躍的にアップします。本来なら眠らせるしかなかった株を生かせることは、現金取引では考えられない話です。
現在の日本において人気なのが株主優待。多くの企業が自社株主を増やすために、年に数回程度自社商品を無料配布したり商品券を配るなどしています。そんな株主優待を低リスクで取得する際にも信用取引は役立ちます。方法は簡単で、株主優待取得権利確定日に現物買いと信用売りを被せるだけ。あとは相場がどのように変動しても、僅かな手数料と金利支払いだけで権利をゲット出来ます。

信用取引の保証金とは、信用取引で売買を行う際に必要となる担保金のことです。信用取引を行う際には委託保証金が30万以上と保証金率が30%以上であることが必要となります。

© Copyright Utilities Companies. All Rights Reserved.